28.09.2014

キャッシングの審査を受ける

posted by 管理人

in キャッシング

キャッシングを利用したいとき、銀行系を選ぶのか消費者金融を利用するのかを選ぶことから始まります。キャッシング会社を選んで申し込みをし、審査にとおれば契約ができ、融資してもらえます。
キャッシングの審査は申込者にお金をかしても返済する能力が有るのかを見極めるためにおこなわれ、審査結果によっては希望どおりの融資が受けられたり、融資限度額を下げられたり、ときには融資を断られることがあります。
審査方法はコンピューターを使って、申込書に記入した際の年収や勤続年数、居住状態、年齢などすべての項目と信用情報機関の個人情報のデータベースを元にして点数を付け、合計点数から点数が高ければ属性が高く、点数が低ければ属性が低いと判断されますが、審査基準はそれぞれのキャッシング会社で何に重点を置いているのかで違いがあり、そのためA社で断られたけれどB社を申込んだら限度額は下げられたけれど契約できた、といったことが起こります。
キャッシング会社を申込むとき気を付けなければならないのが、どこでもよいから契約を早くしたいと思って短期間の間に複数社を申込むと、申込があったことを個人情報に記載され、「よほどお金にこまっているのかな」と思われてしまい、貸しても返してくれる可能性が低いと判断され、融資を受けることがますます厳しくなるので、キャッシング会社の「お借入診断」を使えば融資が受けられるかどうかおおよその判断がつき、個人情報に記載されることもないのでこちらを試してみるのもひとつの方法です。

12.09.2014

アルバイトやパートでお金を借りるとき

posted by 管理人

in お金

低所得世帯ではないもののパートやアルバイトなどによってお金を借りるときには収入が高くはないものとして借り入れ先を考えることになります。
銀行もパートアルバイトで借り入れをすることができるところが増えてきましたが確実性は高くはありません。
消費者金融からの借り入れが適しているでしょう。
収入が低いとはいっても勤続年数が長く安定して給料をこれからも受けることができるのであれば審査が難しくなることはありません。
主婦であればパートによる収入を得ている方が多くなるでしょう。
学生は大半の方がアルバイトをしているものです。
収入の高い低いによっても借り入れ先を変えたほうがよいものです。
銀行審査が柔軟になったとはいっても正社員であることがお金を借りる審査基準になっていることは少なくはありません。
今は主婦や学生に限らずアルバイトによって生活を立てている方が少なくはない時代です。
リストラなどによって職を失うことも残念ながらよく耳にする話です。
また夢に向かっている途中の道のりでありアルバイトをすることで先を考えている方もいるでしょう。
収入が少なくても、むしろ収入が少ないからこそお金が必要になることがあります。
しかし反対に収入が少ない時には借り入れ後についても慎重にならなくてはなりません。
返済回数を抑えて生活設計を行うことなど考える項目は多くあるものです。
パート、アルバイト、それもまた立派な収入を得ています。
借り入れ先を考えて生活を見直してみましょう。

31.08.2014

消費者金融の金利

posted by 管理人

in 消費者金融

キャッシングを始めるとき、消費者金融 金利をできるだけ安いところを探したいと思ったこともあると思いますが、金利が安いことに越したことはありませんが返済の仕方で金利の差は、さほど影響されないこともあります。
金利は消費者金融や銀行のほとんどのところが「残高スライドリボルビング方式」という方法で、この方式は、金利は借入残高に対して計算し、毎月返済額のなかから最初に金利分を引き、残りを元金の返済にあて、融資限度額の範囲内であれば何度でも借入れができると言った特徴があります。
たとえば消費者金融で10万円を借りたとして、利用金利が18%で30日間借りたとすると、
10万円×18%÷365日=1、480円が利用金利になります。
毎月返済額が2、000円とすると元金返済にあてるお金はわずか520円にしかなりません。
銀行カードローンのバンクイックを同じ条件で例にとると金利は
10万円×14.6%÷365日=1、200円が利用金利になり、元金返済にあてるお金は800円となります。
消費者金融とバンクイックを比べると金利の差はわずか280円となり、1年かけて返済をしたとしてもその差はわずかに銀行カードローンの方がお得感はありますが、審査に通りやすいすぐにお金が必要といったときは消費者金融のほうが確実で、金利の差は繰り上げ返済をすることで返済期間を短くすることができ、結果的に総返済額が少なくなり銀行との金利の差は埋められると思います。
キャッシングを始めるときは金利だけでなく、返済期間も影響していることを覚えておきましょう。

16.06.2014

即日融資でお金を借りるための事前準備

posted by 管理人

in 消費者金融

即日融資でお金を借りるにあたって、カードローン選びの他に注意すべき点があります。事前準備、といってもいいかもしれません。それは必要書類の用意と他社借り入れ件数・他社借入金額の確認です。

新規に申し込みをして即日でお金を借りるには、申し込みをする必要があります。カードローンの申し込みには一般的に本人確認書類となる免許証や保険証、パスポートなどが必要となります。免許証や保険証ならほとんどの方ならお財布に入っていていつも手元にあるからいいかもしれませんが、それらがないという方はパスポートを用意しなくてはなりません。自宅で申し込むなら探せばいい話ですが、出先で申し込むことになるというなら準備をしておかなくてはなりません。

また必要書類には他に、収入証明書や在籍確認書類などが必要となる場合があります。源泉徴収票や確定申告書など「どこにしまったかな?」という方は多いのではないでしょうか?消費者金融など貸金業者では、50万円以上の借入れとなれば貸金業法で収入証明書の提出が定められていますから、該当するようでしたらこれも用意しなくてはなりません。

最後に他社借り入れ件数・金額ですが、申し込みの際に申込書に記載することになりますよね。急いでいるからといって、なんとなく「確かこのくらいだったような…」という数字を記入してしまいますと、この数字は業者側も個人信用情報機関に照会すればすぐにわかってしまいますから、あまりかけ離れたものですと審査に通らなくなります。急いでいるときこそ、丁寧に慎重に準備を万端にすすめる必要があるのです。

30.05.2014

キャッシング会社が悪いわけではない、成功する人と失敗する人の違い

posted by 管理人

in 消費者金融

非常に残念なことではありますが、キャッシング会社選びが成功したとしても使い道を間違えることがあります。
キャッシング会社選びはさほど難しいことではありません。
公式ホームページを確認して、金利、返済方式、返済方法、手数料を確認すればよいでしょう。
比較することには時間がかかるかもしれませんが、大手から選ぶことで闇金に足を踏み入れる危険性はなくなります。

ところがキャッシング会社の選び方がよかったとしても、使い道を決めることは自己判断です。
お金を借りることにも、借りたお金の使い方にも慣れがない学生は失敗する危険性は社会人よりも高いのだと考えておかなければなりません。
融資限度額が違ってくるものの、学生はアルバイト収入によって返済額を確保しなければなりませんが、社会人は給料で返済額を用意することとなります。
また学生はアルバイトをすることに毎日を避けるものではなく学校にも通わなければなりませんしレポートなどの課題もあり限られた時間の中で収入を得ていかなければならないのは、仕事に専念できる社会人とは基礎が変わってきます。
おのずと用意できる金額には違いが出てくるものです。

キャッシングを成功させる人、失敗してしまう人には全く異なった違いがあります。
どのような使い方であれば無事に完済までが進み、どのような使い方であればいつまでたっても完済ができないのでしょうか。
成功する人失敗する人の違いをみていきましょう。